教育資金っていつからいくら貯めたらいい?セミナー動画公開

※本投稿は公開当時の社名やサービス名に基づき掲載しています。現在と異なる点があることを予めご了承願います。

※本投稿は、マネックス証券WEBサイトに掲載のコンテンツを一部加筆修正し、転載しています。

8月19日(月)に開催の「教育資金って、いつからいくら貯めたらいいの?」オンラインセミナーの動画を配信中です。将来に向けて教育資金の貯める方法などをファイナンシャルプランナー(CFP®)の山中氏にご説明していただきました。
お子様やお孫様がいらっしゃる方必見のセミナーです。ぜひご覧ください。

1:22~ 教育資金っていくらかかる?
小学校、中学校、高校、大学とそれぞれいくらかかる?公立と私立でどれぐらい費用が異なるのかについて

13:08~ 貯めるべき教育資金と貯めてはいけない教育資金
貯めるべき教育資金と家計から捻出した方が良い資金

18:36~ 教育資金作りの具体例
教育資金はどれぐらい積み立てればよいか、それぞれの積立方法のメリット 

26:16~ 教育資金の捻出方法
出産、育児休業を取得した際のメリット、iDeCoの活用事例

講師のご紹介                    

心とお財布を幸せにする専門家
ファイナンシャルプランナー(CFP®)
確定拠出年金相談ねっと 代表
一般社団法人公的保険アドバイザー協会 理事

山中 伸枝 氏

1993年米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後メーカーに勤務。
これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナー(FP)として2002年に独立。
年金と資産運用、特に確定拠出年金やNISAの講演、ライフプラン相談を多数手掛ける。
執筆:金融庁サイト 有識者コラム連載、「なんとかなる」ではどうにもならない 定年後のお金の教科書(インプレス)ど素人が始めるiDeCo(個人型確定拠出年金)の本(翔泳社)他

【教育資金を運用で貯めたい方へ】マネラップ(MSV LIFE)のご紹介

山中氏の「教育資金って、いつからいくら貯めたらいいの?」にもあったように、長期の資産形成にはiDeCoやつみたてNISAなどがあります。
また、当社で取り扱っているマネラップ(MSV LIFE)も資産形成に適した商品で、教育資金のような長期で貯めるお金の運用に向いています。
教育資金について学んだ後はマネラップで教育資金作りをしてみませんか?

※2019年8月19日(月)収録時点の情報です。

どのような資産運用計画がたてられるか、シミュレーションしてみましょう。

無料シミュレーションは
こちらから

視聴されたお客様の声

  • 山中先生のお話は、とても分かりやすく、教育資金をいくら準備したらよいのか、また、どのように準備したらよいのか丁寧にご案内いただきました。iDeCoやつみたてNISAも家族に勧めたいと思いました。ありがとうございました。
  • 姪に子供が生まれるのでとても役に立ちました。
  • マネラップも使い方が分かってラッキーでした。トライしてみます。

(一部抜粋)

視聴されたお客様に好評のセミナーでした。
これからもマネックス証券ではお客様のお役に立てるようなセミナーを企画してまいります。

●実績データは過去の事実を示すものであり将来の運用成果を保証するものではありません。また、シミュレーション結果は過去の実績データに基づき統計的手法を用いて計算したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

関連記事一覧