社員Nの2020年6月の運用成績公開

こんにちは、社員Nです。皆さまいかがお過ごしでしょうか?私は元気です。

このコラムはマネックス・アセットマネジメントの社員Nが毎月1回、リアルにポケットマネーで利用中のON COMPASS運用実績を公開しています。

過去の代表的な記事はこちら↓(一部旧サービス名で記載されています)

さっそく今月の成績を公開します!

先月は40,564円のマイナスリターンでした。

さっそく今月の成績を公開します!

なんと、プラスリターンに転じました!プラス2,927円です。

一体何が起きたのか・・・・

CIO(運用最高責任者)のナカジマさんに聞いてみたいと思います。

どうしてすぐに回復したのか

ナカジマさん!先月と比べて大きくプラスリターンになりました!なんでなんでしょうか?

新型コロナウィルスによる経済見通し悪化の脅威が薄れ、各国政府の金融緩和、リスク性資産の買い支えなど、楽観的な見通しになり、株価が戻ってきたことが、主な要因です。

そうなんですね!確かに日本も緊急事態宣言が解除されたり通常の生活に戻りつつありますもんね。

特にナガレさんの7.積極型は株式が約70%と高めなので、先月から今月にかけてはその影響が大きく出ましたね。

なるほど。一時はマイナス12万円までいってしまったのでハラハラしましたが。

ナガレさんがその12万円のマイナスを、「一時的であれば」許容できて、投資を続けられるからこそ、7.積極型が選ばれているわけです。

確かに精神的な負担はそこまでありませんでした。心配性の妻には見せれなかったですけど(笑)
最後にせっかくなのでこの記事を見ている方に、一言お願いします!

はじめた時期によってはまだマイナスリターンの方もいらっしゃると思います。プラスリターンになった方もまた「新型コロナの影響第2波」などで、マイナスに落ち込むこともあると思いますが、世界経済の成長を信じて、長く続けることが大切です。
私たち運用する側も皆さんの大切な資産をお預かりしているということを忘れずにリスクをしっかり管理した運用を続けていきますので、よろしくお願いします。

ありがとうございます!またお願いしますー。

ON COMPASSの値動きのリアル感

この成績公開をしている理由のひとつに始める前のかたに値動きのリアル感をお伝えしたいということがあります。

これは完全に個人的な意見として書きます。↓


資産運用はどんな形にせよやった方が良いと思っています。でも周りの友人でもリスクが怖いとか値動きどれくらいするの?借金とか背負わない?という人が結構います。

日本には投資=ギャンブルというイメージを持っている人がまだまだ多いんですよね。でもこの成績公開を振り返ってみてもらうと、新型コロナによる大幅な価格の下落が起こった時でも、半分にもなっていません。

借金どころか、現時点では新型コロナの影響を受けてもプラスリターンになっています。

もちろん商品によってこの値動きの幅は大きく違います。あくまでON COMPASSという比較的リスクを抑えたサービスの場合です。自分にあった商品を選ぶことが大切、と思います。


というわけで、このような大きな下落が起きたことはむしろ、値動き感をうまくお伝えできてよかったかなと考えています。

もちろんこの先どうなるかはわかりませんが!この後はプラスリターンの値動きをお伝えできるようにしたいです。

来月もよろしくお願いしますー。

関連記事一覧