2020年2月の運用成績公開!と、はじめるタイミングの話

※本投稿は公開当時の社名やサービス名に基づき掲載しています。現在と異なる点があることを予めご了承願います。

こんにちは、運用成績公開中の社員N(ナガレ)です。もはやイニシャルの意味がありませんね。月1回成績を公開しています。相場の状況が良く、開始以降、好調が続いています。

過去の代表的な記事はこちら

タイミングよりも長期で続けること。

ここまで好調なのはたまたまタイミングが良かったにすぎません。

短期投資ではタイミングは重要ですが、5年や10年、あるいは20年といった長期投資において、タイミングが与える影響はそこまで大きいわけではありません。なぜなら長い年月の中で、相場の良い時も悪い時も含まれ、結果的に平坦にならされていくからです。

世界経済というのは基本的には右肩上がり、と言われています。

タイミングを図るよりも、世界経済の成長に沿って長期的に少しずつ値上がりを目指していくことが大切だと、私たちは考えています。

好調がいつまでも続くとは思わない

僕の成績も今は好調ですが、いつかは相場が悪い時期が来て、そして良い時期がまたくる。そう思っています。

長期投資の悪い時期にはどれくらい下がるの!?という値動きを皆さんにお見せしたいと思ったのも、この成績公開をはじめた理由のひとつです。

でも本心は悪い時が来ないまま、17年の運用期間を終えたいですが(笑)

そして、2月の成績はこちらです。

6か月連続のプラスリターンとなりました!着実に目標の8,750,000円に近付いています!いつまで続くかわかりませんが、嬉しいものです。

それでは、これからも応援宜しくお願いします!契約中の皆さまは一緒に頑張りましょう!

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

関連記事一覧