全部知っていますか?積立投資の4つのメリット

積立投資は毎月コツコツと積み立てていくタイプの投資です。ON COMPASSでも約80%の人が積立投資をしており、「一度に投資をするのは不安」と感じている人や「将来の資金に不安はあるけど、貯金が苦手でなかなかお金がたまらない」という人にもおすすめです。この記事では、そんな積立投資のメリットをご紹介します。

積立投資のメリット

積立投資には多くのメリットがあります。下記に主なものを4つ挙げています。

感情に流されず淡々と長期で続けられる

安いときに買い、高いときに売ることがベストですが、価格の変動を完璧に予測することは非常に困難です。「損をしたくない」「もしかしたらもっと上がるかもしれない、下がるかもしれない」と投資するタイミングを考えすぎると、大きなストレスがかかってしまうことも少なくありません。
積立投資は、決まったタイミングで同じ金額を積み立てていくだけのため、購入のタイミングを考える必要はありません。
コツコツと続けて、気が付いたときには大きな資金が作られていることも多いです。

少額から気軽に始められる

積立投資は、少額から気軽に始められます。投資と言うと、まとまったお金を運用するイメージがあるかもしれませんが、積立投資は少額からできるサービスが中心です。
「とりあえず投資を始めてみたい」という、投資に慣れるための手段としても向いています。まずは少額で積立投資を始めてみて、慣れてきたら積立額を増やすなども良いでしょう。

投資に余計な時間をかけずに済む

積立投資は、投資にかける時間が少ないこともメリットです。1度金額を決めたら、あとは継続して積立を行うだけです。自然に資産形成されていくため、仕事や家事で忙しい人でも手間なく投資を続けられます。

時間の分散投資で安定した運用ができる

積立投資は時間の分散が働き、安定した運用ができます。時間の分散効果とは、購入するタイミングを分けることで、リスクを抑えられることを言います。 例えば、下記の図のような場合を見てみましょう。

ドルコスト平均法

この図のように、一度に購入するのではなく、購入するタイミングを分けることで、高値で買ってしまうことを回避し、買い付け時の価格を分散させることができます。
このように、日々の値動きに振り回されず、一定の金額で購入をし続け、時間の分散を行うことを「ドル・コスト平均法」と言います。

ON COMPASSの積立投資

ON COMPASSでも、積立投資が可能です。新規契約時またはそれ以降に、毎月の積立金額を設定し、提携金融機関の口座に入金していただければ、自動で積立が行えます。金額は1,000円単位から設定可能で、金額の増減や停止も可能です。 また、増額積立やスポット追加投資などで、一時的に資金を追加することも可能です。増額積立は、あらかじめ年に2回(2カ月)まで積立額を多く設定しておけるため、ボーナス月が決まっている方は設定をしておくと便利です。スポット追加投資は、臨時収入があった場合などのご利用がおすすめです。なお、これらの契約変更はすべて無料で行えます。

まとめ

積立投資には、投資タイミングを集中させないことによるリスクの分散や感情に流されずに続けやすいなど、さまざまなメリットがあります。手元の資金が少なくても始められるため、投資初心者や貯金が苦手な人に向いています。
積立投資で大切なことは、何よりも「続けること」です。特に若い方の場合は運用期間も長くなり、その分安定しやすいなど多くのメリットがあります。 投資を始めようか迷っているという方も、まずは積立で始めてみてはいかがでしょうか。

●実績データは過去の事実を示すものであり将来の運用成果を保証するものではありません。また、シミュレーション結果は過去の実績データに基づき統計的手法を用いて計算したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

関連記事一覧