社員Nの2020年8月の運用成績公開

こんにちは、社員Nです。夏がやっとやってきましたね。私は暑いのが苦手なので、急な夏の到来に若干夏バテ気味です。

今月は夏休みというかたも多いと思います!このような状況ですが、ソーシャルディスタンスを意識しながら思い出に残る夏にしたいですね。

このコラムはマネックス・アセットマネジメントの社員Nが毎月1回、リアルにポケットマネーで利用中のON COMPASS運用実績を公開しています。

過去の記事一覧はこちら(一部旧サービス名で記載されています)

6月、7月はプラスリターン。今月は?

新型コロナウイルスの影響による、大幅な相場の変動によって、3月以降はマイナスが続いていました。6月からはプラスリターンが続いています。

とはいえ、7月はプラス2,376円。今月にはマイナスになっている可能性も十分ありえます。

さて今月はどうだったでしょうか。

なんと33,709円の大幅なプラスリターン。先月から約30,000円もプラスになっています!マイナスの時期を乗り越えて、続けてきたかいがありました・・。といってもこの企画を続けているうちはやめるという選択肢は無いのですが!

未来をよむことは難しい

大きな下落のあと、プラス域になるとつい売って利益を確保してしまいたくなります。その気持ちはよくわかります、数か月前には10万円近くのマイナスだったわけですから・・!

でもこの後相場が良くなるのか、悪くなるのか、完璧に予想することはプロでもできません。短期的な値動きに惑わされず、続けていた方が最終的には効率的だったということもあります。

あえて気にしないということも大切

私は子どもの学費を準備するという目的で資産運用を始めています。目標達成は約17年後。まだ1年も経っていない中で大きな値動きを経験しました。でも18年の運用の中ではもしかしたら大したことじゃないのかもしれません。長期視点で考えてみることも大切です。

どうしても気になる、という人はあえて見ずに日常を楽しく過ごすということもおすすめです!おまかせ運用ならではの特権です。

来月で1周年

来月はこの企画を始めて1周年なので、いろいろまとめてみたいと思います。

それでは、また来月。暑い日が続きますので、熱中症にはお気をつけください!

●実績データは過去の事実を示すものであり将来の運用成果を保証するものではありません。また、シミュレーション結果は過去の実績データに基づき統計的手法を用いて計算したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 当該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

関連記事一覧