社員Nの2020年10月の運用成績公開

このコラムはマネックス・アセットマネジメントの社員Nが毎月1回、リアルに自分のお金で利用中のON COMPASS運用実績を公開しています。

この企画も2年目に突入しました。1年目は、新型コロナウイルスの影響による大幅な下落という貴重(?)な体験をすることができました。

前回の記事では、1年間の記録をまとめてみましたので、まだご覧になられていない方は是非一度見てみてください。

今月はいかに!?

先月は+26,821円という結果を報告をしました。

今月の結果はこちらです↓

+42,937円!

やりましたね。まぁおまかせなので、私は何もやっていないのですが。

運用部のメンバーに感謝!

目標までまだ遠いですが、積立を1年やると元本も結構増えてきました。

基本的には元本が増える程、運用の効果は高まっていくのでこれからは資産の増える幅がどんどん上がっていくということです(もちろん減ることもありますが)。

期待したいと思います。

運用期間は取り返せない

さて1年と少しの期間の投資で+42,937円。

人によっては「たったそれだけ?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

長期投資は初めのうちはそう感じるものだとの思います。特に積立をメインとしている場合は、元本が増えるまでは、あまり増えたという気がしないかもしれません。

わたしの場合、初回投資が50万円、1年間で積立が約30万円で、合わせて現在の元本は約80万円です。積立のおかげで元本は約1.6倍になっています。

ということはこれからの報告は増える額も大きく(もちろん減る額も)なるということです。

この企画も5年後にはきっと、もっと大きな幅でのプラスの報告をしている(・・はず!)と思っています。

この時間を味方につけるということは、後から取り返すことは難しいです。

ON COMPASSの担当者としてはもちろんですが(笑)、一個人としても早く始めておけばよかったと後悔される方を少しでも減らせたらなと思っています。

それでは来月も変わらぬ報告を続けていきたいと思います!引き続き宜しくお願いします。

●実績データは過去の事実を示すものであり将来の運用成果を保証するものではありません。また、シミュレーション結果は過去の実績データに基づき統計的手法を用いて計算したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 当該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

関連記事一覧