積立額はいくらにするべきか

これから積立投資を始めようとする方からよく質問を受けるのが、毎月の積立額をいくらにするかです。どうやって積立額を決めれば良いのか、他の人はどのくらい積み立てているのか、など悩む方は多いと思います。この記事では、「どのようにして積立額を決めるのか」についてご紹介します。

積立投資の平均額は?

複数の証券会社のデータを見ると、積立投資を行っている人の平均額はおよそ2万5,000円~3万5,000円です。利用している証券会社や年齢によって金額に差はありますが、少額を長期間積み立てて、資産をゆっくり築くことを目的にしている人が多くいます。
ON COMPASSでも積立投資が可能で、平均積立額は3万8,000円です(2020年11月現在)。金額は1,000円から自由に設定できます。

積立額はいくらにしたら良い?

では、積立額はいくらにするのが良いのでしょうか?「前述の平均金額くらいが良いのでは?」と考える人も多いと思いますが、資産運用は「自分にあったペース」でやることがもっとも重要です。
積立投資を考える場合は、まず目標金額を設定するのがおすすめです。いつまでにいくらくらいを貯めておきたいのか、そこから逆算して、毎月の積立額を決めましょう。毎月の積立額の負担を減らしたい場合には、目標額は同じでも、積立期間を長くしたり初期投資額を増やしたりなどの調整をすることで、毎月の積立額を減らすことも可能です。無理なく続けられる計画にすることが大切です。
そのために、まずシミュレーションを行うことをおすすめします。目標金額を設定し、毎月の積立額がいくらになるのかを確認しましょう。

ON COMPASSの無料体験で積立額をシミュレーション

ON COMPASSの無料体験では、目標金額を設定すると、毎月の積立額を逆算して提案します。その手順は以下の通りです。

①Q1で「目標金額を決めて運用して貯めたい(住宅購入や教育費、老後資金など)」を選択

Q1画面

②Q2で「毎月の積立額をより少なくできる」を選択

Q2画面

Q3以降は、自身の状況や考え方に合わせて選択してください。すると、目標額に対して毎月どのくらい積み立てれば良いのかが表示されます。

30年後に2000万以上の目標金額を達成するには

上記は、30歳で初期投資が200万円、60歳までに2,000万円貯めるプランです。この場合、毎月の積立額は2万2,000円です。
もし毎月2万2,000円の積立が難しいと感じる場合は、積立期間を延ばしたり目標金額を下げたりすることによって、毎月の積立額を減らせます。
例えば、下記は積立期間を5年延ばし、65歳まで積立を行う場合のシミュレーションです。

35年後に2000万以上の目標金額を達成するには

この場合の毎月の積立額は、1万5,000円です。投資期間を5年延長することによって、毎月の積立額を7,000円減らせました。
また下記は、目標金額を1,800万円まで下げた場合です。

30年後に1800万以上の目標金額を達成するには

この場合、毎月の積立額は1万9,000円です。2,000万円のときと比べると、3,000円少なくなっています。
このように事前にシミュレーションを行って、必要な積立額を算出し、自分に無理のないように調整することで適した積立額を見つけられます。

積立額の変更や追加も可能

一度プランを作って積立額を決めても、その時々の状況で、積立が難しくなったり余裕ができたりすることがあると思います。
ON COMPASSでは、運用中でも積立額の変更や追加投資が可能です。そのため、自分の状況に合わせて無理のない投資を続けることができます。このほか、運用レベルを変更したり、ボーナス月には積立額を増やしたりすることも可能です。
積立額の変更や追加投資は無料でマイページから行えるので、結婚や転職、お子さまの成長などライフプランの変化に合わせて運用計画を柔軟に変更することができます。

まとめ

積立額にベストはありません。誰かの積立額を気にすることなく、目標金額から逆算して自分だけの積立額を決めることもひとつの方法です。
これから積立投資を始めようと考えている方は、ON COMPASSの無料体験で目標金額から逆算して積立額を考えてみてはいかがでしょうか。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 当該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

●実績データは過去の事実を示すものであり将来の運用成果を保証するものではありません。また、シミュレーション結果は過去の実績データに基づき統計的手法を用いて計算したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

関連記事一覧