ON COMPASSが採用するクオンツ運用って?

投資信託などの金融商品の裏側では、お客さまの資産を運用者がさまざまな手法を使って投資を行っています。その手法は資産運用の歴史とともに進化を遂げていますが、大きく「クオンツ運用」と「ジャッジメンタル運用」の2種類に分けることができます。この記事ではこの2つの手法について、それぞれの特徴を解説していきます。

日々進化を続ける資産運用の手法

あらゆる分野で技術や理論の発展が著しい昨今ですが、資産運用業界においても同様に日進月歩で進化しています。その一例として、確率や統計などの数学的な手法を使ってリターンやリスクを分析する、金融工学と呼ばれる学問が発展してきました。そこから生まれた理論の中には資産運用の教科書で必ず取り上げられるほど有名なものもありますし、その実績によってノーベル経済学賞を受賞した研究者もいるほどです。
理論的な発展だけでなく、テクノロジーが運用を手助けしているものもあります。最近ではAI技術を使った運用なども聞かれるようになりました。このような理論やテクノロジーの発展が資産運用の手法を常に進化させているのです。

数理モデルを駆使したクオンツ運用とは

クオンツ運用とは?

まず、金融工学を活用したクオンツ運用と呼ばれる手法があります。GDP成長率・金利水準・為替レートや過去の資産ごとの値動きなどの膨大なデータを収集し、それぞれの運用会社独自の運用モデルに従い、機械的に分析した結果に基づいて投資判断を行います。
このように機械的な投資が主体となるため、人間の感情による判断を排して、モデルに沿ったロジカルな運用を行うことができます。実際に、クオンツ運用の商品は年金など巨額の資金を動かす機関投資家も多く採用しています。
一見、クオンツ運用は機械的で万能なものにも思えますが、モデル構築の参考にするデータはあくまで「過去」のものであるため、不測の事態が発生すると対応が難しいという側面もあります。

伝統的なジャッジメンタル運用とは

ジャッジメンタル運用とは?

クオンツと対比される運用手法に、ジャッジメンタルという伝統的な手法があります。優れた運用者が長年の経験や分析などを基に定性的に判断を下し、銘柄を絞って投資することで高い運用成果を生み出すことを目指す手法です。
ジャッジメンタル運用の中には、運用者が株主として企業の経営陣と直接面談を行い、経営や資本政策について意見交換することもあります。そこから感じ取ることのできた経営陣の人柄や考え方といったものまでも、判断の材料にする場合もあります。ジャッジメンタル運用においても市場のデータを確認することはありますが、感覚や人物評価なども参考にする点は大きな特徴と言えるでしょう。
一方で、ジャッジメンタル運用では特定の人物がいなくなると実績の確保が難しいというキーマンリスクがつきまといます。このキーマンリスクを低減させるため、チームでの運用体制を敷くなど工夫を行っているファンドもあります。

ON COMPASSはクオンツ運用

ON COMPASSでは、MSVキャピタルマーケットモデルという高度な金融工学に基づいたモデルを使ったクオンツ運用を行っています。
運用担当者が変わっても、基本的にはこのモデルに基づいて運用を行うため、方針が180度変わってしまうということはありません。一貫性のある運用方針で、ON COMPASSは長期運用を行っています。
一貫性を持ちつつ、日々データを研究しテクノロジーを活用することで、より良いリターンの獲得とリスク管理ができるようモデルを進化させ続けています。

まとめ

運用手法は大きく分けてジャッジメンタル運用とクオンツ運用に分けられ、それぞれに特徴があります。ON COMPASSではクオンツ運用を採用しており、人間の感情に左右されることなく投資が実行されます。また、運用方針の一貫性を維持し、長期間にわたって安心してお金を預けてもらえるような運用を目指しています。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 当該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

●実績データは過去の事実を示すものであり将来の運用成果を保証するものではありません。また、シミュレーション結果は過去の実績データに基づき統計的手法を用いて計算したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

関連記事一覧