ON COMPASSはロボットアドバイザー?

近年、資産運用では「ロボアド」が注目されています。ロボアドとは「ロボットアドバイザー」の略で、テクノロジーの力を活用し、資産運用に関する戦略や資産配分を提案してくれるサービスです。今回は、現在注目されているロボアドについてご紹介します。

ロボアドとは?

ロボアドとは、投資家の資産状況や投資目的、投資経験などに基づいて、運用方針や資産配分を提案してくれるシステムのことです。「どのような目的に使うお金か」「今後の収入や資産状況に対する見通し」など、いくつかの質問に答えるだけで、最適な運用方針を提案してくれます。ON COMPASSもこのロボアドのひとつです。
運用方針のアドバイスや資産運用自体を行ってくれるサービスは以前からありました。しかしこれは、お客さまに専任の担当者が付き、お客さまひとりひとりの意向に合わせたオーダーメードのサービスになるため、最低投資金額を1億円以上必要とするような富裕層に限定されたものでした。
このような富裕層にのみ提供されていた資産運用サービスを、多くの人が利用できるようにと登場したのがロボアドです。テクノロジーの力を活用し、金融工学に基づいたアドバイスを自動で行うため、少額からこのような資産運用サービスを提供できるようになりました。実際、多くのロボアドは1,000円~10万円ほどの金額で始められます。積立も簡単に行えるため、今手元に資金が無くても、徐々に資産を増やしていくことが可能です。
また、人がアドバイスを行うわけではないので、富裕層向けのアドバイスサービスに比べ、手数料を抑えることができます。

ロボアドの2つの種類

ロボアドには「アドバイス型」と「一任型」の2つがあります。

助言のみのアドバイス型

アドバイス型のロボアドは、資産運用に関してのアドバイスや提案のみを行います。アドバイスや提案のみなので、金融商品の売買や運用中のリバランスなどは自分で行わなければなりません。
基本的に無料で利用できるものがほとんどですが、売買を自分で行う必要があるため、投資に関する基礎的な知識はもちろんのこと、売買やリバランスを行うタイミングも自分で考える必要があります。また、提案される投資対象が特定の運用会社の商品になっている場合もあり、その商品の理解が必要な点など、投資に関する知識も必要となる場合もあります。

すべてお任せできる一任型

一任型はアドバイスや提案に加え、金融商品の売買、運用まで行ってくれる「すべておまかせ」タイプのロボアドです。さらに運用中も定期的に資産配分の見直しやリバランスまで行ってくれるため、世界経済の変化にも対応します。
投資家が行うのは、質問に答えて資産運用プランを作ることだけです。投資初心者はもちろんのこと、忙しくて投資に時間を割けない方、趣味や仕事に集中したい方もこちらの一任型がおすすめです。
一任型の手数料は、預けている資産の1%程度のものが主流です。ON COMPASSもこの一任型に該当します。

アドバイス型と一任型

ロボアドのメリット

ロボアドには、下記4つのようなメリットがあります。

最適な資産配分を提案

投資において資産配分は非常に重要です。実際に長期投資の運用成果は資産配分でリターンの大部分が説明できるという研究結果もあります。この資産配分を自分で決めることはなかなか難しいことです。
一任型のロボアドであれば、質問に答えるだけで個人の考えやそのときどきの経済状況を踏まえ、最適な資産配分で運用を行ってくれます。ON COMPASSでは、金融工学に基づいた運用モデルを使用し、資産配分を決定しています。

経済の変化に対応

経済は常に変化しています。2007年のサブプライム・ショックや、その翌年のリーマンショックにより、2009年3月には日経平均株価の終値がバブル崩壊後の最安値である7,054円を記録するなど、この時期の世界経済は大規模な落ち込みを見せました。
一方で、2012年には第2次安倍内閣によるアベノミクスの発表、2016年にはトランプ氏の米国大統領就任など、今後の期待により株価が上昇したこともあります。
こうした経済の変化によって、金融商品のリスクも変化します。
例えば、国内株式と外国株式にそれぞれ50%ずつ資産配分を行ったとします。経済状況が変わり国内株式のリスクが高くなった場合、資産配分が50%ずつのままだとすれば、国内株式のリスクが高くなった分、以前よりもリスク水準が高くなってしまいます。
つまり見た目の資産配分は同じでも、より大きなリスクを取った運用を続けてしまうこととなるのです。
ロボアドであれば、こうした経済の変化に合わせて資産配分を変更してくれるため、経済の状況が変わっても、最適な資産配分を維持できます。

感情を排した運用ができる

ロボアドは、感情を排した運用ができるというメリットもあります。なぜなら、ロボアドはある一定のルールに基づいて資産配分を決定し、運用を行っているからです。ノーベル賞を受賞した行動経済学の研究によると「人は得をしたときの喜びよりも、損をしたときの苦痛が2倍も大きい」とされています。つまり投資で1万円を儲かったときよりも、1万円損をしたときの方が苦痛であるということです。
そのため、人は投資においてなるべく損失を避けようとします。例えば、損失が気になって損切りができなかったり、損した分を取り戻そうとしてリスクの高い商品に手を出したりといったことが起こります。
こうした感情的な判断を排除することでリスクをコントロールし、安定的なリターンを目指すことができます。

スマホやパソコンで確認や変更ができる

ロボアドの多くは、契約の申込から、契約内容の変更、解約まで全てスマートフォンやパソコンで完結できます。原則24時間365日いつでも投資状況の確認や変更申込が可能なため、自分の状況が変わったらすぐに手続きができます。
また、ON COMPASSでは、積立金額の変更や追加投資、一部解約、解約などはすべて無料で行えます。

まとめ

ON COMPASSをはじめとして、一任型のロボアドは自動で資産配分や実際の運用を行ってくれるため、投資初心者や時間のない方におすすめです。これから投資を始めようと思っている方は、まずは無料でプランを作ってみてはいかがでしょうか。

●実績データは過去の事実を示すものであり将来の運用成果を保証するものではありません。また、シミュレーション結果は過去の実績データに基づき統計的手法を用いて計算したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 当該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

関連記事一覧